各種検査装置(モダリティ)から送信されたDICOM画像を保存し、
診断のためにモニタ表示するPACSシステム
HOME >Extage / サブトラクションシステム

Extage サブトラクションシステム

経時的差分画像

Extageサブトラクションシステムは、自動で経時的差分画像を生成します。
システム構成を意識することなく、従来の方法で読影をすることが可能です。

サブトラクション

< 画像の送受信方式の参考例 >
1、デジタルX線撮影装置からPACSサーバならびにExtageサブトラクションシステムへ撮影画像を送信します。
2、PACSサーバから過去画像を取得します。
3、経時差分画像を自動生成します。
4、PACSサーバへ経時差分画像を送信します。
5、現在画像、過去画像、経時差分画像を取得し、Viewerシステムで表示します。

・基幹サーバ(PACS、RIS)を活かした運用を想定しております。表示方法についてはViewerシステムの仕様に依存致します。
・送受信方法については他の方法もございますので別途お問合せ下さい。

Extageサブトラクションシステムで生成した差分画像は、以下の3種類の出力方法から選択できます。
@別検査として A現在検査の別シリーズとして B過去検査の別シリーズとして、
導入時にお打合せさせて頂きます。

経時的差分画像の生成には、三菱スペース・ソフトウエア社の「Truedia/XR経時的差分機能モジュール(※1)」を採用しています。
※1「Truedia」は三菱スペース・ソフトウエア株式会社の登録商標です。


製品カタログボタン
カタログはこちらから

導入効果

読影される医師の負荷を軽減し、受診者への質の高いサービス提供が可能になります。

導入効果

運用イメージ

健診業務に最適なシステム構築を実施いたします。

健診施設内のフロー
モダリティから出力された画像を受信し、
ID番号をトリガーにPACSから過去画像を取得し、
自動的に差分画像を生成、送信します。


@ デジタルX線撮影装置より本日の検査を取り込む(現在画像)
A 取り込んだ画像の患者IDをキーにして既存PACSにQ/Rする。
   ・患者IDとモダリティで絞り込みPACSから検査リストを取得する。
   ・取得した検査リストより本日検査の直前の胸部正面画像を取得する。
B 差分処理を行い差分データを現在画像とともにPACSに転送する。
C 過去データが存在しないなど差分処理が行えなかった場合、エラーログを出力する。

※Extageサブトラクションシステムに直接画像を送信頂けない場合は、差分画像を生成する対象を別途指示頂く必要があります。




巡回健診時のフロー
CSV等のマッチングデータからID情報を一括取得し、
順次現在画像と過去画像を取得する。
差分画像を生成し自動で画像をPACSへ送信します



@転送完了後に健診リストから患者IDを取り込む。
A取り込んだ患者ID(健診者リスト)をキーにしてPACSにQ/Rする。
B差分処理を行い差分データをPACSに転送する。
C過去データが存在しないなど差分処理が行えなかった場合、エラーログを出力する。

※画像のQ/R、送受信を一括で行うためネットワークに大きな負荷がかかることが予想されます。
製品カタログボタン
カタログはこちらから

基本情報

[ PC ]
タイプ デスクトップ
CPU インテル製Dual Core プロセッサ
メモリ 4GB
HDD 320GB 以上
モニター 19インチカラー液晶モニター
OS Windoows 7 Professional
[ 薬事関連情報 ]

一般的名称 :汎用画像診断装置ワークステーション
販売名    :画像診断装置 Extage
クラス分類 :管理医療機器(クラスU)
         特定保守管理医療機器
認証番号  :226AOBZX00002000

ページTOPへ

お問合せ・資料請求